chocozap(ちょこざっぷ)

チョコザップのマシン・器具の使い方・種類・重さを徹底解説【フリーウェイトはなし】

チョコザップのマシン・器具の使い方・種類・重さを徹底解説

結論からお伝えすると、チョコザップには下記11種類のマシンがあります。

11種類のマシン

  • ショルダープレス(肩)
  • チェストプレス(胸)
  • ラットプルダウンコンバージング(背中)
  • バイセップスカール(腕)
  • ディップス(腕)
  • レッグプレス(脚)
  • アダクション(脚)
  • アブダクション(脚)
  • アブドミナル(腹筋)
  • トレッドミル(有酸素運動)
  • クロスバイク(有酸素運動)

全身の筋肉を鍛えられる基本的なマシンは全て揃っているので、隙間時間に軽くトレーニングをしたい主婦や、仕事帰りに軽く鍛えたいサラリーマンには十分なマシンだと言えます。

ただし、ダンベルやバーベルを使うフリーウェイトトレーニングはチョコザップではできません。筋トレ中級者の方は、エニタイムなどのジムをおすすめします。

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

チョコザップのマシンの種類と重さを徹底解説【フリーウェイトはなし】

チョコザップのマシン・器具の使い方・種類・重さを徹底解説【フリーウェイトはなし】

マシンの重さ

  • 女性→筋トレするには十分な重さ!
  • 男性→筋トレするには十分な重さ!
マシンの名称 鍛える箇所 重さ
ショルダープレス 5kg 〜 75kg
チェストプレス 5kg 〜 85kg
ラットプルダウンコンバージング 背中 5kg 〜 90kg
バイセップスカール 5kg 〜 90kg
ディップス 5kg 〜 65kg
レッグプレス 5kg 〜 105kg
アダクション 5kg 〜 85kg
アブダクション 5kg 〜 85kg
アブドミナル 腹筋 5kg 〜 75kg
トレッドミル 有酸素運動 -
クロスバイク 有酸素運動 -

月額2,980円で11種類のマシンが使えるのはかなりお得ですよね。

腕から脚まで多くの筋肉を鍛えられるので、全てのマシンを使うのがおすすめです。

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

筋トレマシンの適切な回数と重量は?

チョコザップの筋トレマシンの適切な回数と重量

適切な回数と重量

  • 筋力アップが目的→1~4回上げると5回目が上げることが出来ない重さを設定し、1~4回上げるトレーニングを行う。
  • 筋肥大+筋力アップが目的→5~18回上げられる重さ、特に10~12回が筋肥大最大となるためこの回数で13回目が上げられなくなる重さに設定し、10~12回連続で上げるトレーニングを行う。
  • 筋持久力の向上が目的→18回以上、上げられる重さで上げられなくなるまでトレーニングを行う。

筋トレの回数と複数回のセット

筋トレは、1回(1セット)行うだけでは、あまり効果的とはいえません。特にトレーニングに慣れていない方などは、1セットで十分に筋肉を追い込むことが難しいです。

その為、トレーニングを行うセット数を複数回にして、初心者は3セット程度を目安に行うのが効果的です。複数回にすることで1セットで行っていたトレーニングよりも高い効果が得られます。

引用:筋トレの最適な負荷と回数の設定方法

兵庫県にあるマシン特化ジム「Be-fit light24」によると、「初心者は3セットを目安に行うのが効果的」と記載されています。

ですので、最初は「10回〜15回 × 3セット」で筋トレを始めてみてください。その際、セット間の休憩(インターバル)は1〜3分になるようにしてください。

フリーウェイトはなし

チョコザップでは、ダンベルやバーベル、ケトルベル、メディシンボール、アンクルウェイトなどを使ったフリーウェイトトレーニングは行えません。

筋トレ中級者以上の男性はエニタイムなどのジムを利用しましょう。

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

チョコザップのマシンを使うときの注意点

チョコザップのマシンを使うときの注意点

マシンを使う時の注意点としては、衛生面に注意しましょう。

汗が飛んでいたり汚れていたりする場合は、マシンを利用する前に除菌シートで清掃してください。

また、使用した後は自分の汗で汚れてしまっているので、除菌シートで清掃しましょう。

マシンを利用する前後に除菌するのは、チョコザップに限らずどこのジムでも同じことです。他の人が気持ちよく利用できるように清潔に使いましょう。

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

チョコザップの設備一覧

設備 利用可否
トイレ 一部店舗のみ利用可能
シャワー  ✖️
脱毛マシン 5割くらいの店舗で利用可能
エステマシン ほぼ全店舗で利用可能
ゴルフブース 一部店舗のみ利用可能
自動販売機 一部店舗のみ利用可能
更衣室 ほぼ全店舗で利用可能
鍵なしロッカー 一部店舗のみ利用可能
駐車場 ✖️ 
駐輪場 ✖️ 
WiFi ほぼ全店舗で利用可能
サウナ ✖️ 

チョコザップのマシンの使い方

マシンの名称 鍛える箇所 重さ
ショルダープレス 5kg 〜 75kg
チェストプレス 5kg 〜 85kg
ラットプルダウンコンバージング 背中 5kg 〜 90kg
バイセップスカール 5kg 〜 90kg
ディップス 5kg 〜 65kg
レッグプレス 5kg 〜 105kg
アダクション 5kg 〜 85kg
アブダクション 5kg 〜 85kg
アブドミナル 腹筋 5kg 〜 75kg
トレッドミル 有酸素運動 -
クロスバイク 有酸素運動 -

ショルダープレスの使い方

ショルダープレスは、肩や二の腕を鍛えるマシンです。

「最近二の腕がたるんでるな。。。」という方にはおすすめのマシンになります。

まずは、15〜20回で限界だと思う重量に設定するのがおすすめ。トレーニングに慣れてきたら、10回で限界だと感じる重さに設定しましょう。

椅子の高さは足の裏がしっかりと地面に着く高さに調節します。

ショルダープレスの使い方のポイント

マシンの使い方のポイントは以下の3つ。

使い方のポイント

  1. バーを持ち上げるときは肘が垂直にまっすぐ上がるようにする
  2. 胸を張って顎を引いて上にまっすぐ持ち上げるイメージ
  3. 腰を剃るのはNG。ゆっくりと持ち上げるのがポイント

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

チェストプレスの使い方

チェストプレスで鍛えられる部位は、胸や腕になります。

胸板を厚くしたい方は必須のマシンです。

まずは、15〜20回が限界だと思う重量に設定します。慣れてきたら10回で限界だと思う重さに設定しましょう。

足の裏がしっかりと着くように椅子の高さを調整していきます。

チェストプレスの使い方のポイント

チェストプレスの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. バーを握った時に肘が手の真後ろにくるようにする。手と肘が水平になるイメージ
  2. 胸を張った状態でまっすぐにバーを押す
  3. 腰が反れたり足が浮かないように気を付ける

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

ラットプルダウンコンバージングの使い方

ラットプルダウンで鍛えられるのは、背中や脇の下周辺を鍛えられます。

背中をかっこよく仕上げたい人は必須マシンです。

重さは15〜20回が限界になるように設定します。慣れてきてから10回が限界になる重さに設定します。

足の裏が地面にしっかりと設置し、足が浮かないように太もものパットを設定していきます。

ラットプルダウンの使い方のポイント

ラットプルダウンの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. 太もものパットで足をしっかりと固定する
  2. 胸を張り目線は斜め上を意識しながら動かしていく
  3. 肘から引くイメージでバーを下げていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

バイセップスカールの使い方

アームカールは、腕を中心に鍛えるマシンです。腕を太くしたい方やシェイプアップさせたい方は必見です。

足の裏がしっかりと地面に着くように椅子の高さを調整しましょう。

最初は15〜20回をギリギリ上げられる目安で重さを調整。慣れてきたら10回が限界になるように重さを調整します。

アームカールの使い方のポイント

アームカールの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. 椅子の高さはしっかりと足が踏ん張れる高さに設定
  2. 背中を少し丸めた状態で腕を曲げていく
  3. 途中で脱力しないようにゆっくりと動かしていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

ディップスの使い方

ディップスは、二の腕を鍛えるマシンです。二の腕がたるんでいる方はおすすめのマシンになります。

椅子の高さは、足首が90°になる高さに設定しましょう。

重さの設定は15〜20回がギリギリ上がる重さに設定。慣れてきてから10回程度上がる重さに設定するのがおすすめです。

ディップスの使い方のポイント

ディップスの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. 握ってた手の真上に肘がくるようにする
  2. 動かす時は背中を軽く丸めて行う
  3. 動作は脱力しないようにゆっくりと行う

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

レッグプレスの使い方

レッグプレスは、太ももやお尻を鍛えるマシンです。下半身の引き締めたい方は必ずやりましょう。

シートの位置は、足をプレートに乗せた時に90°になるように設定します。足は肩幅に開いて、足先は少し外側を向くようにします。

まずは15〜20回上がる重さに設定します。慣れてきてから10回が限界になる重さに設定するのがおすすめです。

レッグプレスの使い方のポイント

レッグプレスの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. お尻が浮かないようにベンチに深く座って胸を張る
  2. 取手をしっかりと握って姿勢を安定させる
  3. 途中で脱力しないようにゆっくりと上げていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

アダクションの使い方

アダクションは、内ももやお尻を鍛えるマシンです。お尻周りが気になる方におすすめ。

足幅は肩幅くらいになるように調整しましょう。

重さは15〜20回がギリギリ上がる重さに設定します。慣れてきたら10回程度上がる重さに設定しましょう。

アダクショの使い方のポイント

アダクションの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. 胸をしっかりと張った状態で足を閉じていく
  2. 取手をしっかりと握って体勢を安定させる
  3. 途中で脱力しないようにゆっくりと閉じていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

アブダクションの使い方

アブダクションは、お尻を鍛えるマシンです。お尻を引き締めたい方は必ず行いましょう。

足がパットの外側にくるように座ります。足が急に開くと危険なので、ピンを持ち上げて足幅を設定してから重量を設定していきます。

慣れていない方は15〜20回がギリギリ上がる程度に重さを設定。慣れている方は、10回がギリギリ上がる程度の重さに設定しましょう。

アブダクションの使い方のポイント

アブダクションの使い方のポイントは以下3つ。

使い方のポイント

  1. 胸をしっかりと張った状態で足を開いていく
  2. 取手をしっかりと握って体勢を安定させる
  3. 途中で脱力しないようにゆっくりと閉じていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

アブドミナルの使い方

アブドミナルは、腹筋を鍛えるマシンです。腹筋を割りたい方やスマートにしたい方はおすすめ。

足のパットの位置は、足の甲が固定される位置に調整。上半身のパットは上半身がまっすぐとなるところで調整しましょう。

マシンに慣れていない方は、15〜20回がギリギリ上がる程度に重さを設定します。慣れている方は、10回がギリギリ上がる程度の重さに設定します。

アブドミナルの使い方のポイント

アブドミナルの使い方のポイントは以下の3つ。

使い方のポイント

  1. 足と上半身のパットで体がしっかりと固定されている
  2. 息を吐きながら大きく背中を丸めるイメージで動く
  3. 途中で脱力しないようにゆっくりと動く

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

トレッドミルの使い方

トレッドミルとは、俗にいうランニングマシンのこと。有酸素運動を行い脂肪を燃焼してくれるマシンでもあります。

使い方は、以下の4つのステップです。

使い方の流れ

  1. 「Quick Start」で電源を入れる
  2. もう1度「Quick Start」を押すと3秒後にマシンが動き出す
  3. 動き出してから「スピード」と「傾斜」を調節する
  4. 終了するときは「Stop」を押す

注意したいポイントは、マシンの後ろの方で走らないこと。

後ろの方で走りすぎると、マシンの外に弾かれてしまうことがあるためです。

また、初めて利用する方や不安な方は、オレンジ色のクリップをウェアに付けることで、転んだ時に緊急停止するようになっています。

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

クロスバイクの使い方

エアロバイクは、脂肪燃焼や心肺機能を鍛えられます。痩せたい方はエアロバイクがおすすめです。

サドルの高さは膝が少し曲がる高さに調整。漕ぎ始めると電源が勝手に入り、スタートボタンを押すとマシンが動き始めます。UPのボタンで負荷が上がり、DOWNのボタンで負荷が下がります。

エアロバイクの使い方のポイント

エアロバイクの使い方のポイント2つ。

使い方のポイント

  1. こまめな水分補給と無理のないペースで行う
  2. 急に高負荷で行うと怪我をする可能性があるので徐々に負荷を上げていく

【初期費用無料】2月2日(木)まで0円

\24時間・365日 全店舗利用OK/

ちょこざっぷに登録する【公式】

※ずっと月額2,980円

-chocozap(ちょこざっぷ)