Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告と経費まとめ|これを読めば完璧【副業・税金】

Uber Eatsでは、人によっては確定申告をして税金を納める必要があります。そして副業がバレないようにする方法や経費にできるものなど、個人事業主として働いていると多くの疑問も出てくるでしょう。

この記事では、副業としてUber Eats配達パートナーをしている人に向けて、ややこしい確定申告についてまとめました。

\確定申告するなら/

MFクラウド確定申告【公式】

※登録無料

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告と経費【副業・税金】

確定申告
確定申告まとめ

副業としてUber Eatsをしている人は、Uber Eatsで稼いだ金額が年間20万円以上の場合、確定申告の必要があります。

月2回ほどフルタイムでUber Eats配達パートナーをしたら、確定申告をする必要が出てくる計算になりますね。

注意ポイント

収入から必要経費を引いて20万円以下になる場合でも住民税の申告が必須。

Uber Eatsの確定申告に経費できるもの

Uber Eats配達パートナーが経費にできるものは、Uber Eatsを配達する際に使用したもの全てのものです。以下経費にできるものを紹介します。

  • 交通費
  • スマホ代
  • 駐輪場の費用
  • 自転車やバイクの購入費
  • 自転車やバイクの維持費
  • 自転車やバイクのグッズ
  • その他仕事を円滑に進めるためのもの

自転車やバイクに関わるものは経費!

Uber Eatsでは自転車やバイク、スマホなどは必ず使いますよね。このように無いと仕事にならないものは経費になります。

自転車やバイクの購入費や修理代、レンタル代、ガソリン代などは全て経費になりますよ。自転車やバイクのグッズとは、スマホをつけるホルダーやライトなど。これらも仕事を円滑にするものなので経費になります。

スマホ代や通信費も経費!

Uber Eats配達パートナーは、スマホのアプリで仕事を管理するので、スマホ代や通信費も経費になります。

スマホをプライベートでも使っているなら「按分」という考えのもと経費にすることが可能です。

  • 仕事での利用:プライベートでの利用=50%:50%

上のような割合ならスマホの代金や通信費の50%が経費になります。これが「按分」という考えになります。

交通費やその他にかかるものも経費

活動エリアまで電車で移動した場合は、交通費が発生しますので経費にできます。また自転車を止める必要がある場合は、駐輪場の費用もかかりますよね。

その他にかかるものの費用とは、雨の日のカッパや仕事だけに使う滑りにくいシューズなど。仕事に使うもの全てが経費になることを覚えておきましょう。

Uber Eatsの確定申告はしないとバレる?バレない?

確定申告
確定申告をしないとバレる

Uber Eatsで稼いだ収入を確定申告せずに隠した場合、会社にバレる可能性があります。

バレる理由は、会社に住民税の通知が届いてしまうから。副業をしていると住民税が高くなります。会社側は他の社員よりも住民税が高いことに気が付き、副業をしている疑いを持つことが多いです。

Uber Eatsで確定申告する前に知りたいポイント

確定申告
確定申告のポイント

副業が会社にバレないようにするためには

副業が会社にバレないようにするためには、会社から税金を天引きするのではなく、会社とは別に自ら支払う必要があります。

確定申告で記入する書類の中に、「住民税・事業税に関する項目」という欄があります。これを「特別徴収」ではなく「普通徴収」にチェックをつけることで、会社にはバレなくなりますよ。

  • 普通徴収=自分で税金を納付
  • 特別徴収=税金が会社から天引きされる

報酬が103万円を超えると扶養から外れるの?

Uber Eats配達パートナーとして年間の収入が103万円を超えると扶養から外れます。これは学生や主婦の方が気にする103万円の壁というものですね。

扶養とは、自分で働くことができない人、稼ぐ力がない人に対しての優遇措置になります。しかし年間で103万円を超える収入があった場合は、稼ぐ力があると見なされて扶養から外れることになります。

報酬は雑所得?事業所得?

Uber Eatsで稼いだ報酬は、雑所得でも事業所得でもどちらで確定申告してもOKです。

ただ以下のようなポイントを考えて選ぶのが基本となっています。

  • 事業所得:継続的に働き、継続的に収入がある場合
  • 雑所得:短期的にUber Eats配達パートナーとして働き、継続しない場合

「今後もやる機会があるかもしれないなぁ。」と思うのであれば、事業所得として確定申告しましょう。

報酬の振込画面はスクリーンショットしておこう

報酬画面はスクリーンショットしておきましょう。これにより稼いだ収入がわかりますし、正確な収入がわかります。またこのスクリーンショットが収入を証明するものになります。

レシートはとっておき経費計上

正確な経費を記入するためにレシートを残しておくことが重要です。やってはいけないことが経費を「だいたい2万円だろう。」と適当な金額で記入すること。

適当に記入してしまうと、あとあと収支のバランスが取れなくなり、おかしなことになってしまいます。税金のことなので正確に記入することが必須です。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

確定申告するなら【マネーフォワード(MF)クラウド確定申告】を使おう

MFクラウド確定申告
公式サイト

面倒なイメージのある確定申告ですが、現在ではネットで指示通りに記入していけば、確定申告ができてしまいます。

それが「MFクラウド確定申告」と呼ばれるフリーソフトです。フリーソフトなので、条件はありますが無料で使うことができます。

\確定申告するなら/

MFクラウド確定申告【公式】

※登録無料

MFクラウドは仕訳が50件までなら無料!

MFクラウド確定申告」は仕訳が50件までなら無料で使うことができます。この仕訳をすることで、経費を引いた金額や税金を引いた金額などが詳しくわかるようになります。

メモ

仕訳とは、簿記上の取引のこと。貸方と借方に分けて、勘定科目を設定することでお金を詳細に分けることができます。

MFクラウドで資料を作成して提出しよう

MFクラウド確定申告」を使えば、確定申告に必要な書類を簡単に作ることができます。なぜなら指定された項目を順番に記入していくだけで作ることができるから。

つまり、「MFクラウド確定申告」の指示に従っていくだけで勝手に必要な書類を用意してくれます。

MFクラウド確定申告」で作成した書類は、税務署に行って提出するか、郵送で送るようにしましょう。最初は税務署に行くことをオススメしますよ。直接話した方が記入漏れなどがあったときに対応しやすいです。

まとめ

確定申告のまとめ

  • 年収20万円から必須
  • 確定申告しないと副業がバレる
  • 仕事で使うもの全てが経費になる
  • 扶養者は103万円を超えないように注意
  • 報酬やレシートは写真でも良いので残しておく
  • MFクラウド確定申告」で確定申告に必要な書類を作ろう

\確定申告するなら/

MFクラウド確定申告【公式】

※登録無料

YouTubeで見たい方はコチラ

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.