Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは稼げる?稼げない?実際にやってみた!

  • Uber Eats配達パートナーって稼げるの?

そんな疑問を持っている方は多いでしょう。今回わたしは人生で初めて、Uber Eats配達パートナーを経験しました。そして1日8時間の配達を行い、9,971円を稼ぐことができました。

この記事では、わたしのUber Eats体験をもとに、

  • どの程度稼ぐことができるのか
  • 仕事の流れはどんな感じか
  • 配達時の注意点

などを紹介していきます。

\登録はコチラ/

Uber Eats配達パートナー

好きな時間に働ける

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

注意ポイント

当記事に記載してある情報は、2019年11月27日新宿付近でUber Eatsを行った際の情報になります。また、報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは稼げる?稼げない?実際にやってみた!

ぽんたまん
赤チャリと撮影した写真
ベース料金 8,921円
プロモーション 1,050円
クエスト 0回
配達回数 19件
合計金額 9,971円

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

稼いだ料金と詳しい内訳は上の表の通り。

19件の配達で9,971円なので、1件あたり524円ほどの稼ぎとなっています。

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

アルバイトの時給を比較

アルバイトの種類 時給
Uber Eats 1246円
飲食店アルバイト 1,096円
営業・オフィス系 1,150円
配送・物流系 1,220円

Uber Eats配達パートナーで稼いだ報酬を時給換算しました。

新宿を中心に配達をしていたので、他のアルバイトも新宿区の平均時給を書いています。

他のアルバイトと比べても遜色ないですし、ベテラン配達パートナーの報酬を見ると意外と稼げる!と思うでしょう。

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

ベテランの配達パートナーの報酬

▼1日で22,131円の報酬。時給換算すると1,647円にもなりますね。

17,932円の報酬。すごい!!!

▼7月14日(土) 30,784円

7月15日(日) 30,226円

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

原付(バイク)・自動車の方が稼げる?

最も稼げるのは原付。ですが、原付は気軽にレンタルできず、初期費用が高くなる傾向にありますよね。

そのため、初めての人には気軽にレンタルできる自転車がおすすめ。

一方、おすすめできないのが自動車になります。なぜなら自動車を駐車するスペースに限りがあるからです。

  自転車 原付 自動車
時給換算 800〜1,500円 1,000〜2,500円 〜1,000円
月収目安
(フルタイム)
約20万円 約30万円 約12万円
稼ぎやすさ 丸 maru sankaku
楽さ sankaku maru 丸
おすすめ度 maru 丸 sankaku
経費 4,000円
(レンタル代)
3,000〜4,000円
(月の維持費)
1万円〜2万円
(月の維持費)

※スマホをお使いの方は、右にスクロール可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げるエリアは?【東京・大阪・横浜】

手数料

Uber Eatsで少しでも稼ぐために重要なことが、稼げるエリアを見極めること。

東京23区内でしたら、秋葉原、新宿、渋谷、六本木、恵比寿あたりが稼げるエリアです。これらのエリアは人口が多く、オフィスや外国人、富裕層が多いことが稼げる理由としてあげられます。

大阪は中央区と北区

大阪で稼げるエリアは、なんば駅周辺や梅田駅周辺。中央区や北区、西淀川区では、2倍近いブースト率が発生したこともあるので、稼ぐにはオススメの地域ですね。

また大阪では大阪市内の全ての地区が利用可能なエリアとなっています。

横浜は西区と中区

横浜で稼げるエリアは西区と中区の2つ。ここは横浜駅や桜木町駅などがある横浜の中心地なので、飲食店の数やオフィスの数が多く注文が入りやすいです。

また中区の横浜中華街では、Uber Eatsの加盟店が多くあり、注文が入りやすい地域でもあります。

横浜で利用できるエリアは8つ
西区 南区
中区 保土ケ谷区
神奈川区 港北区
磯子区 鶴見区

川崎は川崎区と幸区

川崎では川崎駅を中心とした川崎区と幸区が稼げるエリア。何よりブーストが2倍になることもあるようで、穴場狙いの配達パートナーがガッポリと稼ぐ地域になっています。

川崎で利用できるエリアは3つ
川崎区 幸区
中原区  

神戸は中央区

神戸市の中心でもある中央区には、三ノ宮駅や元町駅などの主要な駅が集中しており、配達が多いエリアです。

神戸は東京や大阪とは違ってUber Eats配達パートナーが少ない傾向にあるため、お昼のピーク時間では通知が鳴り止まないことが多いということで、稼ぐには良い地域です。

神戸で利用できるエリアは8つ
中央区 兵庫区
灘区 東灘区
長田区 須磨区
西宮市 芦屋市

福岡は博多区と中央区

福岡で配達をするなら博多区と中央区を攻めるのがおすすめ。

博多区と中央区は人口が集中し、飲食店も多い地域になります。そしてブーストの倍率が高いのも博多区と中央区です。

福岡で利用できるエリアは5つ
博多区 中央区
南区 城南区
早良区  

埼玉は大宮区か浦和区

埼玉で狙い目の地域は大宮区か浦和区。大宮駅周辺や浦和駅周辺は人が多く集まる地域であり、飲食店も多い地域となっていて、Uber Eatsを使った注文も多くなっています。

埼玉で利用できるエリアは6つ
大宮区 浦和区
中央区 南区
蕨市 戸田市

名古屋は中区

名古屋で稼げるエリアは栄を中心とした中区です。栄は名古屋を代表する歓楽街であるため、飲食店が多いのが稼げる大きな要因です。

また栄周辺ではブーストが2倍以上になったこともあるということで、東京にも負けないくらい稼ぐことが可能な地域になっています。

名古屋で利用できるエリアは9つ
中区 北区
西区 東区
中村区 中川区
熱田区 千草区
昭和区  

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げる時間帯と稼げる曜日

稼げる時間帯

  • 11時〜14時:お昼の時間帯
  • 18時〜21時:夜ご飯の時間帯

稼げる曜日

  • 月曜日:1週間で最も注文が多い
  • 日曜日:昼過ぎから注文が増えてくる

Uber Eats配達パートナーが最も稼げる時間帯は、11時〜14時のお昼の時間帯と、18時〜21時の夜ご飯の時間帯。

中でも平日のお昼がUber Eatsで稼ぐベストタイムと言って良いでしょう。

お昼時はオフィスからの注文が殺到する時間帯ですので、オフィス街を狙っていくのも効率よく稼ぐ方法のひとつになります。

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

稼げない時間帯と曜日

Uber Eatsで配達をしていると特に稼げない時間帯や曜日があります。

以下の2つはなるべく避けて配達した方が良いでしょう。

  • 金曜日の夜
  • 土曜日

平日の中でも金曜日の夜だけは注文が増えないので、早く切り上げた方が無駄な体力を使うこともありません。

また土曜日は1日通して注文の入りが悪いです。毎日Uber Eatsで稼ぎたいなら土曜日は避けて休みにするのが賢明です。

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬の計算方法と仕組み

Uber Eats配達パートナーの報酬は、

  • 基本料金×ブースト+特別インセンティブー手数料=報酬

という式で計算されます。少し面倒にも見えますが、基本料金の仕組みさえ覚えておけば、厄介なことはありません。

基本料金

Uber Eatsの報酬の基礎にもなる基本料金は、3つの料金から構成されています。

  • 受け取り料金:飲食店で料理をピックアップしたときに発生する報酬
  • 受け渡し料金:注文者のところへ料理を届けたときに発生する報酬
  • 距離料金:飲食店から注文者の間の移動距離

この3つは配達の地域により金額が変動します。東京や埼玉、千葉の場合は、基本料金が他の地域よりも高くなっています。

  • 東京の受け取り料金:300円
  • 東京の受け渡し料金:170円
  • 東京の距離料金:150円/km

配達を開始する前に基本料金は確認しておきましょう。

ブースト

ブースト

ブーストとは、地域や時間帯で基本料金に掛け算される倍率のこと。

アプリのマップ上に「1.1×」や「1.5×」と表記されたエリアが当然現れます。その地域の飲食店で料理を受け取り注文者のところへ運ぶと、表記された掛け率が基本料金に掛け算されるのです。

つまり、ブーストの倍率が高いエリアを狙って配達すれば報酬も跳ね上がるということです。

  • 550円(1件の平均単価)×1.5(ブースト)=825円

ブーストが「1.5×」だった場合は、1件の配達で825円を稼ぐことが可能になります。

ブーストが発生しやすいエリアなどがわかってくると高単価を狙いやすいですね。

特別インセンティブ(クエスト)

プロモーション

特別インセンティブとは、雨の日や土日などに発生する報酬のこと。

「3回配達したら400円プラス」などのような、頑張りに見合った報酬を与えてくれる仕組みになっています。

また特別インセンティブの情報は前日にはメールで通知がきます。この時を狙って配達すれば多く稼ぐことが可能です。

ポイント

私は今回のUber Eats配達パートナーで400円ほどの特別インセンティブを貰いました。

Uberサービス手数料

Uberサービス手数料とは、Uber Eats側に配達パートナーが支払う手数料のこと。これは報酬から引かれるのですが、東京や埼玉、千葉の手数料が非常に高いです。

2019年7月現在の東京の手数料は35%となっています。

  • 825円ー288(825円×35%)=536円

この計算式でわかるように、1件あたりの報酬は約550円となります。

ポイント

東京以外の手数料は低い分、基本料金も低くなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事の流れ

  1. アプリを起動
  2. 配達リクエストを受け取る
  3. レストランに向かい料理を受け取る
  4. 料理の配達を開始する
  5. 注文者に料理を渡す

step
1
アプリを起動してオンラインに!

▼まずはアプリを起動して、「出発」ボタンをタップします。

▼すると出発ボタンは消え、「乗車を探しています」と表示されます。

この状態がオンラインになっている証拠です。あとは通知があるまでひたすら待機しましょう。

step
2
配達リクエストを受け取る!

▼待っていると近くの飲食店から配達リクエストが届きます。

表記されているのは飲食店までの移動目安時間と地図になります。

▼ここで配達リクエストを受け取るなら「タップで受け付け」を押しましょう。

お店の名前と詳細な情報が出てきますので、お店まで料理のピックアップに向かいます。

step
3
レストランに向かい料理を受け取る!

▼レストランまでの地図はグーグルマップと連携しているので、グーグルマップのナビを参考に向かいましょう。つまりグーグルマップのインストールは必須になります。

レストランに到着して注意しなければならないポイントは、「レストランからの注意事項」というところです。お店によってさまざまな注意事項が書いてありますので、料理を受け取る前に確認しましょう。

また料理を受け取るときは、集荷の番号を確認して間違いがないようにしましょう。

▼受け取ったら依頼者名のチェックボックスをタップして、「配達開始をスライド」してあげましょう。

step
4
料理の配達を開始する!

料理を受け取ったあとは、注文者の情報をもとに配達を開始します。料理を受け取るときと同じようにグーグルマップを利用して届けるようにしましょう。

step
5
注文者に料理を渡す!

▼注文者に届けるときもレストランで料理を受け取ったときのように「注文者からの注意事項」を確認してから渡すようにしましょう。

最後に「配達済み」をスライドしてあげれば、配達は完了です。

「配達済み」をスライドした時点で、最初の画面に戻り「乗車を探しています」と表示されます。再度配達リクエストが届くまで待つという流れになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの注意点

  1. 注文番号と注意事項は確認必須
  2. 料理を倒さないように注意する
  3. 休息が非常に大事

1.注文番号と注意事項はしっかりと確認しておく

注文番号左が注文番号|右が注意事項

料理の受け取りと受け渡しのときには、注文番号と注意事項を必ず確認しましょう。

マクドナルドやスターバックスなどのUber Eatsで注文した商品がたくさん並んでいる場合は、取り間違いが発生する可能性もあります。大手チェーン店では特に注意して注文番号を確認しておきましょう。

注意事項の確認も重要です。飲食店の場合、「裏口から入ってください」と書かれていることもあります。しっかりと確認しておくことで、お店にも注文者にも迷惑をかけずに配達することが可能です。

2.注文を倒さないようにバッグに詰めるときは注意する

配達バッグタオルなどで隙間を埋めよう

配達中の注意事項は、バッグに詰めた料理をきれいな状態で届けること。Uber Eatsのバッグは非常に大きく、中に料理を入れても隙間だらけになってしまいます。

そのときのためにタオルなどを入れて料理がズレないように工夫しましょう。特にスタバなどのカフェでは、コーヒーひとつだけの場合もあるので注意したいところ。最近ではタピオカひとつの注文も多いとか。

3.休息が非常に大切

スポーツドリンク塩分補給も忘れずに

長時間働いていると注意散漫になってしまい、受け取りを間違えたり、運転中の事故につながったりする場合があります。わたしが雨の日に配達したとき、ボーッとして点字ブロックで滑ったことがあります。

無理しない程度に休み休み配達することが結果的に効率よく配達できる方法です。

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは稼げる

Uber Eats配達パートナーは、時間を見極めて効率よく配達すればかなり稼げます。

「Uber Eatsは稼げない。」という意見を聞きますが、それは何も考えずにガムシャラに配達しているからです。わたしは今回Uber Eats配達パートナーをして、もっと稼ぐための改善点がたくさんあると思いました。

最初から稼ぐことは難しいかもしれませんが、ある程度の経験とエリアや時間帯の見極めを行えば、時給1,500円は越えることも難しくないでしょう。

\登録はコチラ/

Uber Eats配達パートナー

\好きな時間に働ける/

Uber Eats配達パートナーになる

※登録無料

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.