Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は底辺なのか?現役配達パートナーが解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は底辺なのか?

  • 「UberEatsは替えが効く仕事だから底辺でしょ。」

久々に会った友人に、こんなことを言われてショックを受けました。

Uber Eatsの配達員は、世間から「底辺の仕事」というレッテルを貼られているようです。

ただ、Uber Eatsの配達員をやっている人は、本業の傍ら隙間時間で働いている人や真面目に商品を届けている人もいます。配達員経験者からすると、全くもって底辺ではありません。

この記事では、

  • Uber Eats配達員が底辺の理由
  • 私がUber Eats配達員を底辺と思わない理由

について紹介します。

「Uber Eats配達員=底辺」と言っている人は、Uber Eatsの仕事をした経験がない人がほとんどです。

配達員をやったことない人だから、配達員が真面目に取り組んでいることを知らないのでしょう。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は底辺なのか?そう思われる5つの理由

私はUber Eats配達員が底辺だと思っていませんが、底辺だと思われてしまう理由があることも頷けます。

最近は無くなりましたが、街中をUber Eatsのバッグを背負って走っていると指をさされることがありました。コロナ禍で失業した人が行き着く仕事のように思われていたのでしょう。

ぽんたまん
替えが効く仕事なので、底辺のレッテルが貼られている場合が多いように思います。
ぽんたまん
ここからは、そもそもなぜ底辺だと思われるのか?その理由に関して5つご紹介していきます。

1.収入が不安定

Uber Eatsは、時給や月給で稼ぐわけではないので、非常に不安定な職業と言えるでしょう。

うまく行けば人並み以上に稼げますが、注文が入らない日は全然稼げません。私も時給400円とかざらにありますし、稼げないときは本当に稼げません。

2.学歴や資格が不要

Uber Eats配達員は、学歴や資格が一切必要ありません。

言ってしまえば、前科持ちでも配達員に登録できます。このような仕事のため、底辺だと思われている場合があります。

確かに、弁護士や医者など難しい資格や学歴が必要な仕事は替えが効かないため、底辺な仕事だとは思われません。

一方、Uber Eats配達員は誰でもできますし自転車さえあればすぐに始められるので、世間的には「底辺の仕事」と思われても仕方がないのかもしれません。

3.正社員が正義の日本

日本において、会社に勤めている正社員が正義だと思われています。

良い大学に入って、良い企業に正社員として就職する流れは日本の社会の基本的な流れと言えるでしょう。

しかし、Uber Eats配達員は個人事業主であり雇用されているわけではありません。アルバイトでもありません。

個人事業主は、会社に守られていませんし不安定です。

そのため、正社員が正義である日本においては底辺だと位置付けられてしまいます。

4.テレビやSNSの影響

Uber Eatsが底辺の仕事だと思われる大きな要因に、テレビやSNSの影響があります。

コロナ禍でUber Eatsが流行った時も、配達員の素行の悪さがメディアに取り上げられていました。

商品をつまみ食いしたり、危険な運転をしたりと取り上げられる理由は様々です。しかし、メディアに取り上げられるようなひどい配達員はほんの一部です。

5.失業者が流れる受け皿になっている

Uber Eatsはコロナの影響で失業した人が、その場しのぎで仕事するものだと思われている側面があります。

人と会わずに食料を得られるメリットだけではなく、誰でも配達員になれるメリットがあったため流行ったのです。

そのため、失業者という無能が配達員になるものだと思われているのでしょう。

僕がUber Eats(ウーバーイーツ)配達員は底辺だと思わない理由

配達員をやっている人は「Uber Eats配達員=底辺」だと思う人は少ないと思います。

私もUber Eats配達員を底辺の仕事だとは思っていません。

むしろ、注文者や飲食店のためになる仕事だからこそ、ここまで広く普及して一般化したのだと思います。今後もUber Eatsのようなフードデリバリーサービスは消えることはないとも思っています。

ぽんたまん
ここからは、底辺だと思わない理由について3つご紹介していきます。
ぽんたまん
配達員をやりたいけど「底辺の仕事ならやりたくない」と躊躇している人は、続きを読んでいただきたい。

1.働き方の多様性が進んでいるから

働き方の多様性が進んでいるので、個人事業主として働いても底辺だと思いません。

正社員でも副業をしたり、アルバイトを2つ掛け持ちしたり、自分で仕事をしたりと働き方の多様化が進んでいます。この多様性の流れにマッチしたのが、Uber Eats配達員です。

正社員が正義の日本ですが、正社員でも生活するのが大変なくらい薄給な人が多いです。

また、会社が合わずに自由に働く人も増えていて、ストレスなく稼げるのも魅力です。

私は正義の正社員として働いて強いストレスがかかるなら、自由に働きストレスの少ない方が勝ち組だと思っています。

2.ほとんどの人が真面目に取り組んでいるから

テレビやSNSでUber Eats配達員のひどい行動が明らかになりましたが、それはほんの一部です。

ほとんどの配達員が真面目に取り組んでいます。

少なくとも私は注文者として何十回も利用していて、ヤバい人に出会ったことはありません。

私も配達をしていると、同じような配達員と話すことがありますが、「子どもを養うための副業です」や「休日に少しでも稼ぎたいので」という人が多いです。

真面目に取り組んでいる人が多いので、一部メディアに取り上げられる人は、配達員としても迷惑極まりないです。

3.隙間時間で仕事する意欲がある人が多いから

  • 自分の事業の傍らUber Eats配達員をする
  • 正社員として働きながらUber Eats配達員をする
  • 労働時間に制限がないからUber Eats配達員をする

Uber Eats配達員をしている人は怠け者よりも頑張り屋が多く、仕事に対する意欲がある人が多いイメージです。

正社員として働きながら副業としてUber Eatsをする人もいますし、1日10時間以上配達をする人もいます。

私はパソコンと向かい合う仕事で運動不足になり、ストレスが溜まります。そのため、体を動かしながら小銭を稼げる配達員はピッタリです。

まとめ

Uber Eats配達員は、仕事に対して意欲がある人や真面目に稼ぎたい人がやる仕事です。

「Uber Eatsは底辺の仕事」と言ってる人は、配達員の仕事をやったことがない人ですし苦労もわからないでしょう。

人によっては底辺だと思う人もいるかもしれませんが、経験者からすると底辺の仕事ではありません。配達員の方は、底辺だと思わずにしっかりと商品を届ける努力だけを考えましょう。

-Uber Eats配達パートナー