Uber Eats配達パートナー

高校生もできる?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは18歳以上なら可能

18歳以上
18歳以上なら高校生でも可能

結論から言うと、Uber Eats配達パートナーは18歳以上なら高校生でも働くことができます。

厳密には18歳の誕生日を迎えていれば誰でもUber Eats配達パートナーになることが可能です。この記事では、高校生がUber Eats配達パートナーになるときの注意点をメインに紹介していきます。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

高校生もできる?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは18歳以上なら可能

3. 貴殿による本サービスの使用 ユーザーアカウント
本サービスの大半を使用するためには、貴殿はアクティブな個人的ユーザーサービスアカウント(以下、「本アカウント」)を登録し、維持しなければなりません。貴殿はアカウントを取得するために、少なくとも18歳又は貴殿の法域における成人年齢(18歳と異なる場合)に達していなければなりません。さらに、特定の本サービスの提供のために法的年齢要件がある場合には、貴殿は適用法を遵守しなければなりません。アカウント登録するためには、貴殿は、氏名、住所、携帯電話番号及び年齢、並びに一つ以上の有効な支払方法(クレジッドカード又は認められた支払パートナーのいずれか)などの特定の個人情報をUberに提出しなければなりません。

引用:Uber Eats

Uber Eatsの法的情報には、18歳以上であればUber Eats配達パートナーのパートナーとして登録することが可能だと記載されています。そして高校生についての記載は一切されていないため、高校生でもUber Eats配達パートナーのパートナーとして登録することが可能です。

高校生でもUber Eats配達パートナーのパートナーになれるのは、バイトなどの雇われではなく、個人事業主として仕事を委託するからでしょう。個人事業主のため責任や自主性が求められる点は忘れてはいけません。

18歳で雇われない働き方に興味がある人は、勉強に支障が出ない範囲で挑戦してみるのも良いでしょう。

高校生がUber Eatsの仕事を始めるに当たっての注意点

  1. 補導される時間帯に注意
  2. 事故したときの労災がない
  3. 業務について研修などがない
  4. 個人事業主のため報酬の保証がない

1.補導される時間帯に注意

時間帯
補導時間である23時〜4時に注意

Uber Eats配達パートナーは18歳以上であれば高校生でも働けますが、高校生は18歳であっても夜間の補導対象になります。補導時間は23時〜4時の間であることがほとんどです。(22時〜5時というパターンもあります。)

Uber Eats配達パートナーは夜の24時までがサービスの対象時間となります。23時以降もオーダーの通知は止まらないかもしれませんが、しっかりと時間を考えて配達するようにしましょう。これも個人事業主の自己責任と言えますね。

2.事故したときの労災がない

事故
事故した時の労災がない

Uber Eats配達パートナーは雇われている訳ではありませんので、事故などは自分で責任を追う必要があります。例えば交通事故で入院する必要がある場合、入院費などを全て自分で負担する必要があるのです。

個人事業主のマイナスポイントになりますので、しっかり理解してから働くようにしましょう。

3.業務についての研修などがない

研修がない
研修がない

Uber Eats配達パートナーになっても、研修やマニュアルなどが存在する訳ではありません。そして上司や先輩などが面倒を見てくれる訳でもありません。個人事業主なので事業主自身が考えて、より良く働けるようにする必要があります。

またアルバイトのようにシフトがある訳でもありません。そのため自分の時間管理ができるようにならないと稼ぐことは難しくなります。

4.個人事業主のため報酬の保証がない

報酬
報酬の保証がない

個人事業主のため報酬は完全歩合制となります。歩合制とは仕事した分だけ報酬が与えられる仕組みです。

アルバイトなら1時間に対して1000円などの時給で報酬をもらうことができます。つまり仕事が全くなく、暇な時間であっても報酬は発生していきますよね。

しかしUber Eats配達パートナーの場合は、配達した件数分だけが報酬になります。オーダーが入るのを待機している時間は報酬が発生しません。そのためアルバイトをした方が稼ぎが良いということもあります。

まとめ

まとめ

  • 18歳以上なら高校生でも可能
  • 自主性や責任感が必要
  • 補導対象時間は配達しない
  • 完全歩合制なので報酬の保証がない

Uber Eats配達パートナーは高校生であっても、18歳以上であれば働くことが可能です。しかし自主的に行動して働かない限りは報酬も少なくなりますし、責任や負担を負わなければならない場面もあります。

いつでも好きに働けるというメリットだけでなく、デメリットもしっかりと確認してから働くようにしましょう。

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.