出前館

出前館は車(軽貨物)で配達可能【車両変更のやり方も解説】

出前館は車(軽貨物)で配達可能

出前館では軽貨物車両による配達が可能です。

軽貨物車両とは普通の車とは違い、荷物を運ぶための軽自動車になります。

車だと天候や坂道などの影響を受けにくいため楽に配達ができますが、渋滞に巻き込まれやすいなどのデメリットもあります。

この記事では、

  • 出前館で配達できる軽貨物
  • 車で配達するメリットとデメリット

などについて紹介します。

ぽんたまん
車で配達したい方は、ぜひ細かく読み込んでください。
ぽんたまん
一歩間違えると法律違反になり、罰金やアカウントの停止になる可能性がありますよ。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬0.3%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

出前館は車(軽貨物)で配達可能

出前館は車(軽貨物)で配達可能

出前館の業務委託では、軽貨物での配達が可能です。一般の乗用車ではなく軽貨物というのがポイント。

軽貨物とは、貨物を詰め込めるエリアが広い軽自動車のこと。これに関しては、荷物を積み下ろす場所と置く場所の広さの定義がきっちり決められています。

荷物を積み下ろす場所の広さは車体の後面または側面の開口部有効長が、軽自動車は縦600mm×横800mm以上必要になります。また、登録車に関しては縦横各800mm以上必要です。

さらに、開口部垂直面の投影面積が軽自動車は0.48平方メートル以上確保する必要があり、登録車は0.64平方メートル以上確保する必要があります。

ぽんたまん
軽自動車だから全ての車で配達できるというわけではないので注意しましょう。

【出前館】車両変更・車両登録のやり方と必要書類

執筆中

 

【出前館】車での配達はバレるのか?バレるとどうなる?

【出前館】車での配達はバレるのか?バレるとどうなる?

決められた車両で事業用登録をして配達することが法律で決められています。

そのため、事業用登録していない車で配達するのは法律違反です。バレれば犯罪ですし、出前館側からはアカウントを一発で抹消されます。

ただ、車で配達していることがバレることはなさそうにも思いますよね。バレなければ好きな車で配達しても良いと思うかもしれません。

しかし、商品を受け取るときも渡すときも車をどこかに路駐させるため、お店や注文車からクレームが入れば一発でバレてしまいます。場所によっては、お店の目の前に車を停めると周りに迷惑をかける場所もあるでしょう。

このようなクレームがバレる原因につながります。

そもそも、バレるバレない以前に法律違反なので、違反した車両での配達は絶対にやめましょう。

【出前館】車(軽貨物)で配達するメリット

【出前館】車(軽貨物)で配達するメリット

車(軽貨物)のメリット

  • 坂道が気にならない
  • 自転車よりも疲れない
  • 汁物などはこぼれにくい
  • 大量の商品でも運びやすい
  • 天候を気にせずに配達ができる

車で配達するメリットは、何よりも疲れないことと天候を気にしなくて済むということです。

坂道もアクセルを踏むだけなので、自転車とは比べ物にならないほど楽に運べるのが最大のメリットでしょう。

さらに、汁物やドリンクなどのこぼれやすい商品も車だとこぼれるのを防ぎやすいですし、大量の商品も簡単に積み込めます。

自転車ではピザなどの幅が広い商品を運ぶのに、かなり苦労しますからね。商品が運びやすいという面で、車での配達はメリットが多いと言えます。

【出前館】車(軽貨物)で配達するデメリット

【出前館】車(軽貨物)で配達するデメリット

車(軽貨物)のデメリット

  • 維持費がかかる
  • 細い道などは動きにくい
  • 渋滞に巻き込まれると大変
  • 事業用ナンバー取得が面倒
  • 駐車スペースを探す必要がある

メリットも多かったのですが、個人的にはデメリットの圧勝だと思っています。

何よりもガソリン代やメンテナンス代などの維持費が非常にかかります。税金も自転車ではかかりませんが、軽自動車にはかかります。

このような出費が多くなってしまうデメリットが大きいです。

さらに、商品の受け渡しをするときや休憩をするときは駐車スペースを探す必要があるため時間をロスする可能性が高く、渋滞にも巻き込まれやすいデメリットもあります。

自転車やバイクでは通れる道でも車では通れないこともしばしばあります。このようにメリットとデメリットを比較したときに、車を利用するメリットは少ないでしょう。

-出前館