Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は飲み物だけでも注文できる

Uber Eatsと出前館は、飲み物1つから注文が可能です。

ただし、お得に注文できるのはUber Eatsで配達にかかる手数料が安く済むからです。

この記事では、

  • Uber Eatsと出前館の手数料の違い
  • お得に注文できるUber Eatsの手数料の仕組み

などについて紹介していきます。

どうせ注文するなら10円でも安い方が嬉しいですよね?

手数料の仕組みを覚えておくと、Uber Eatsと出前館どちらで注文すればお得か分かるようになりますよ。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は飲み物だけでも注文できる

Uber Eatsでも出前館でも飲み物だけの注文はできます。

ただし、時と場合にもよりますが、基本的にはUber Eatsで注文した方がお得です。

飲み物の値段は、500円以下であることがほとんど。

このように値段が安いものを注文する場合、少額注文手数料がUber Eatsでも出前館でも発生します。

この少額注文手数料が、Uber Eatsだと150円、出前館だと330円となっています。この少額注文手数料だけ見ても、180円もの差額が出てしまうのです。

そのため、飲み物を注文する場合は、基本的にUber Eatsで頼むことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は飲み物だけの料金を比較

比較する店舗と商品は、サンマルクカフェ静岡伊勢丹前店の「アイスほうじ茶ラテ」。

条件を極力同じにするために、商品代金700円未満の商品を選んでいます。

ぽんたまん
どちらも同じ配達先で設定した金額をご覧ください。
  Uber Eats 出前館
商品代金 580円 580円
配達料 100円 420円
サービス料 58円 -
少額注文手数料 150円 330円
現金払い手数料 - -
合計金額 888円 1,330円

【Uber Eatsの注文】
Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は飲み物だけの料金を比較

【出前館の注文】

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は飲み物だけの料金を比較

実際に、同じお店の同じ商品をUber Eatsと出前館で注文すると、

  • Uber Eatsでは、合計888円
  • 出前館では、合計1,330円

となり、442円の差となりました。

商品の値段は全く同じ580円ですが、かかる手数料によって出前館の方が高額となっています。

注目すべきポイントは、配達料でしょう。

同じものを注文しても使うアプリによって300円以上の差が生まれています。

出前館では、稀に配達料無料キャンペーンを行なっていますが、配達料が無料になってもUber Eatsと価格はあまり変わりません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で飲み物だけを頼む時は最低注文金額に注意

Uber Eatsでも出前館でも、少額注文手数料がかかります。

少額注文手数料とは、商品が安い場合にかかる手数料。

300円の商品をそのまま配達しても、お店も配達員も儲からずに赤字となってしまいます。そのために、少額注文手数料があります。

飲み物を注文する場合、Uber Eatsの方が出前館よりもお得に済むことが多いですが、少額注文手数料だけは覚えておくことをおすすめします。

Uber Eatsの注文でかかる手数料

Uber Eatsの手数料

  1. 配送手数料
  2. サービス料
  3. 少額注文手数料

配送手数料とは

お店からの距離やお店の人気、天候などによって変動する手数料のことです。

安い場合は、50円程度となっていますが、台風などで配達が困難になる場合は手数料が高くなります。

配達手数料は、変動性のため場合によっては、価格に大きく負担をかけることがあります。

関連記事 配送手数料とは

サービス料とは

実は、飲食店で注文するときの金額よりもデリバリーする時の金額の方が高くなっています。

例えば、松屋の牛めし並盛は、お店で食べると380円ですが、Uber Eatsで頼むと570円となっています。

これは飲食店がUber Eatsに対して手数料を支払わなければならないためです。通常の料金では、赤字になるのでサービス料として上乗せしています。

関連記事 サービス料とは

少額注文手数料とは

Uber Eatsでは、700円未満の少額注文に対して手数料がかかる仕組みを採用しています。

570円の牛めしだけを注文すると、少額注文手数料として150円が加算される仕組みになっています。かえって合計金額が高くなる場合があるので注意が必要です。

Uber Eatsの少額注文手数料は、「700円未満の商品に150円かかる」と知っておきましょう。

関連記事 少額注文手数料とは

出前館の注文でかかる手数料

出前館の手数料

  1. 配達料(配送手数料)
  2. 少額注文手数料
  3. 現金払い手数料

配達料(配送手数料)とは

配達料は、お店によって異なる手数料で、出前館では100円〜420円程度で変動します。

出前館は、配達料無料キャンペーンなどをたまにやっているので、この機会に注文すると比較的に安い金額で注文できます。

関連記事 配送手数料とは

少額注文手数料とは

出前館では、800円未満の注文に対して少額注文手数料を設定しています。

800円未満の注文では、330円の手数料がかかるので注文するときは注意が必要です。

出前館の少額注文手数料は、Uber Eatsと比べてもかなり高いので、飲み物などを1つだけ注文する場合はUberEatsを注文する方が良いでしょう。

出前館の少額注文手数料は、「800円未満の商品に330円かかる」と覚えておきましょう。

関連記事 少額注文手数料とは

現金払い手数料とは

出前館では、現金払いに対して110円の手数料を設けています。

現金払いだけに手数料がかかるので、カード払いなどには関係ありません。

Uber Eatsでは、現金に対して手数料はかからないので、現金払いする人にとってはUber Eatsの方がお得に注文ができます。

関連記事 現金払い手数料とは

-Uber Eats(ウーバーイーツ)