Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額

Uber Eatsの配達調整金額は、道が混雑していたりピックアップに時間がかかったりした場合に、「基本料金だけだと少ないから少し金額を足しておくね」という制度です。

一見ありがたい制度に見えますが、配達調整金額が導入されてから報酬が全体的に下がっています。そのため、SNSでは批判の声が上がっています。

この記事では、

  • Uber Eatsの配達調整金額の制度について
  • SNSで言われている報酬体系について

の2点に焦点を絞って紹介していきます。

ぽんたまん
確かに、最近のUber Eatsは稼ぎが悪くなったように思います。
ぽんたまん
その原因を探っていきましょう。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額とは

配達調整金額とは

配達調整金額とは、基本金額に加えて、ある特定の条件で加算される報酬を指します。

ただ、配達調整金額については詳細な情報が公式に発表されておらず、加算される条件や加算金額についてはわかっていません。

ショートの配達だと配達調整金額が非常に少なく、ロングの配達だと金額が大きく加算されるようです。

このような状況から人気のない配達を受けることでも、配達調整金額が加算されることがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額が加算される条件

以下のような場合に配達調整金額は加算されます。

  • 通常の目安よりも交通状況が混雑している場合
  • 通常の目安よりも商品受け取り場所での待ち時間が長い場合
  • 配達パートナーの数が少なく通常よりも配達の需要が高い場合

配達調整金額は、配達詳細画面で確認できます。

引用:配達情報の事前提示および報酬体系

Uber Eatsの公式サイトには、配達調整金額について上記のように書かれています。

噛み砕いて解説すると、

配達調整金額が加算される条件

  • 道が混雑していた
  • お店で待たされた
  • 配達距離が非常に遠い
  • タワマンで届けるまでに時間がかった

このような場合に、配達調整金額が大きく増えることがあります。

私もお店で15分ほど待たされた時に、100円ほど加算されたことがありました。

配達に時間がかかったり、需要が高かったりする場合に配達調整金額が加算されやすいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達調整金額はいくら?Twitterで調査

 

配達調整金額が導入されたのが2021年5月のことです。

それ以降「稼げなくなった」の声が上がるようになりました。

上記のツイートを見て分かる通り、ベース金額(基本金額)が100〜150円程度となっていて、配達調整金額がベース金額の1.5〜2倍くらいになっています。これだけだと250円〜400円くらいしか稼げません。

さらに、ブーストがベース料金だけにかかっています。そもそもベース料金が低いので、ブーストが1.5倍されてもほとんど加算されません。

現状Uber Eatsでは、特別インセンティブやチップなどで稼がなければ、時給1,500円を超えることは難しくなっています。

-Uber Eats配達パートナー