Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の黒色最新リュック・バッグを紹介【使い方・固定方法】

この記事では、黒色の最新バッグの詳細や使い勝手、固定方法などを現役配達パートナーの私が解説していきます。

バッグの画像を使いながらわかりやすく説明していきますね。

注意ポイント

この記事では、2019年7月23日秋葉原のパートナーセンターで貰ったバッグを紹介してます。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の黒色最新リュック・バッグを紹介

リュック・バッグ

種類 現在は黒のみ
防水 弱い
重さ 約2.6kg
サイズ 長さ 約28cm
幅 約45cm 
高さ 約45cm
仕切りの有無 有り
折りたたみ ある程度小さくなる
収納ポケット 2つ

サイズ・重さ【長さ 約28cm 幅 約45cm 高さ 約45cm】

リュック・バッグ

高さは500mlのペットボトル2本分くらい。幅も同じくらいの長さになっています。

リュック・バッグ

奥行きだけが500mlのペットボトルより少し長いくらいです。

重さは正確に量れていませんが、約2kg程度です。背中に背負ってしまえば、気にならない程度の重さですよ。

バッグの種類は黒のみ

リュック・バッグ

Uber Eatsのバッグが登録したときによって変わります。2019年11月現在までに3種類(?)のバッグが登場しています。

上の写真のバッグは、2019年の春から夏に登録した人に配られるバッグで、他のバッグと違い「Uber Eats」の文字すら入っていません。

街でよく見かける緑のバッグは、この黒のバッグよりも前のものです。もし緑バッグが欲しければ、メルカリなどで販売されているものを購入しましょう。

防水

リュック・バッグ

黒のロゴなしバッグの防水に関してですが、ほとんど防水効果はないと言えるでしょう。上の写真は、霧吹きを使用してバッグに直接吹きかけた時の写真です。

撥水している雰囲気もなく、むしろ布に少なからず染み込んでいるのがわかります。小降りの雨くらいなら何とかなりますが、雨が強い場合は防水カバーをつけるようにしましょう。

仕切りはあり

リュック・バッグ

黒のロゴなしバッグにはこのような2枚の仕切りが入っています。

リュック・バッグ

縦に固定して2分割にすることが可能です。

リュック・バッグ

また、上下にも仕切りを固定できるので、下の段に私物、上の段に料理という使い方もできます。この上下に仕切るスタイルが使いやすいと思いますよ。

折りたたみは可能

リュック・バッグ

折りたたむというより潰すような感じで、コンパクトに収納できます。

最新のバッグだと折りたためるだけでなく、ベルトで縛ることもできますよ。コンパクトで持ち運びもしやすいのが最新バッグの特徴です。

収納ポケットとベルト

リュック・バッグ

黒のロゴなしバッグの場合、収納ポケットが非常に少ない状況です。バッグの両サイドにあるアミアミの収納ポケットだけになります。

ペットボトルなどのちょっとした小物を入れることが可能ですよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のリュック・バッグの使い方

step
1
中に手を入れて押し広げる

リュック・バッグ

step
2
中は仕切りで使いやすくする

リュック・バッグ

step
3
仕切りの使い方で運びやすくカスタマイズ

リュック・バッグ

黒のロゴなしバッグは、折りたたみ機能が弱いため押し広げて使うだけになります。配達のときはなるべく仕切りを利用して、自分の使いやすいようにカスタマイズしましょう。

前の開閉

step
1
前の部分を全面広げられる

リュック・バッグ

リュック・バッグ

チャックを開くだけで前の部分を全面に開くことが可能です。上下の段を使い分けたり、下の段に私物を入れているときに利用する開閉口になります。

step
2
下の部分を広げてピザなどを収納できる

リュック・バッグ

リュック・バッグ

下部に料理を入れることはほとんどありませんが、ピザなどの大きなものを入れる際は、この下の部分を開けて商品を入れます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のリュック・バッグの固定方法

Uber Eatsの配達パートナーが最初に困ることが、料理がズレないように固定する方法です。バッグの中をどのように改造すれば料理がズレないか紹介します。この方法は筆者が独自でやっている方法なので、方法は他にもありますよ。

料理の固定は保冷バッグを利用

リュック・バッグ

私がUber Eats配達パートナーを行うときは、基本的に上段のスペースを使います。そして、そこで役立つのが保冷バッグです。Uber Eatsのバッグよりも小さなものを使いましょう。

使い方は簡単で、バッグの上段を半分に分けるように入れるだけです。このように入れると冷たいものと温かいもので分けることもできます。

しかし、これだけでは隙間が心配ですよね。

料理の固定はクラフトペーパーで隙間を埋める

リュック・バッグ

隙間を埋めるために役立つのがクラフトペーパーです。クラフトペーパーはくしゃくしゃにすれば体積が大きくなりますし、綺麗にたためば小さくなり持ち運びも簡単です。

最近では100均でもクラフトペーパーを購入できますので、料理の隙間を埋めて固定しましょう。

リュック・バッグ

小さい料理の場合は、この写真のように隙間を埋めて使います。クラフトペーパーの代わりにタオルなどを利用しても良いでしょう。

保冷バッグとクラフトペーパーで、料理がズレたり傾いたりすることを防ぐことができますよ。

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.