Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない5つの原因と対処法を現役配達パートナーが解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない原因と対処法

ぽんたまん
Uber Eats配達パートナーをしている時、思ったよりも鳴らない経験をしたことがありませんか?

私も初めて秋葉原で配達した時は、「もっと依頼がスムーズに来るものだと勘違いしていたのですが、原因と対処法を知ってから2019年11月に新宿で時給1,000円以上は稼げるようになりました。

そこでこの記事では、現役配達パートナーが教える「鳴らない5つの原因と対処法」をご紹介します。

注意点

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

当記事に記載してある情報は、2019年11月27日新宿付近でUber Eatsを行った際の「体験談」を元に記載しております。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない5つの原因

1.評価が低い

真相は分かりませんが、ユーザーとお店からの評価が低い配達パートナーは鳴りにくいといった噂があります。

評価が低い配達パートナーよりも高い配達パートナーに仕事をより多く回した方が良しとなるのが普通ですよね。

また、ある一定の低評価を受けるとアカウント停止処分になる、といった噂もあるので高評価になるような配達を心掛ける必要はありますね。

2.アプリの不具合

アプリの通信障害で繋がりにくくなり、鳴らないパターン。

最新のバージョンを保つようにすればこの不具合は回避できますが、それでも鳴らない場合は、「アプリの再起動」をおすすめします。

3.キャンセル率が高い

実体験なのですが、アプリが鳴る→キャンセル→アプリが鳴るを5〜6回ほど繰り返していたら10分ほど鳴らない時間が続きました。

おそらくですが、アプリのアルゴリズムが自動的に判断してキャンセル率の高い配達パートナーへの注文数を減らしているのではないかと思います。

商品ピックアップまでの時間をいかに減らすかが重要なのですが、5回に1回くらいは注文を受けるといいでしょう。

4.注文数に制限がかかっている

配達パートナーの数<注文数になると十分なサービスを提供できないと判断し、Uber Eatsに注文の制限をかけるケースもあるようです。

つまり、配達パートナーへの依頼がなくなるので、鳴らなくなりますよね。

5.注文数が少ないエリアで稼働している

根本的な問題ですが、注文が少ないエリアで配達していれば鳴らないですよね。

私も秋葉原で午後2時から配達した時は、30分ほど鳴らなかったのを覚えています。

対策は、エリアを移動することと、注文が多い時間帯であるランチタイムと夕飯時を狙うこと。

Uber Eatsが鳴らない時の対処法【公式からのアドバイス】

オンラインにしても配車リクエストがあまり届かない (またはまったく届かない) 場合、以下をお試しください。

  • より需要の高い地域で運転する。
  • 承認されたサービス エリア内にいることを確認する。
  • お使いのスマートフォン、またはドライバー用アプリを再起動する。
  • Uber の乗客用アプリではなくドライバー用アプリを使用していることを確認する。

これらの方法を試しても配車リクエストが届かない場合は、こちらからお知らせください。喜んでお手伝いさせていただきます。

引用:Uber Eats|配車リクエストが届かない

まとめると、「儲かるエリアと時間帯で稼働して、それでも鳴らないならアプリを再起動しましょう」ってことですね。

では、具体的に「儲かるエリア」と「儲かる時間帯」はいつなのか?解説していきます。

儲かるエリア

東京だと

  • 渋谷
  • 新宿
  • 六本木

が稼げるエリアとして有名ですが、ブーストがかかっているエリアも儲かるエリアだと言えます。

ブーストがかかるのは「配達パートナーよりも注文数が多いエリア」なので、エリアを見極めるいいでしょう。

ツイッターで情報収集も欠かせない

ツイッターでその日の稼働状況を収集するのもおすすめ。

例えば、「Uber Eats 練馬」とツイッターで検索すると、下記のようなツイートがされています。あとは、その場所に移動して稼働するだけです。

現金払いをONにするのも有効

Uber Eatsの現金払いの支払い方法と設定」でも解説したように、現金払いを利用するユーザーは全体の3割ほどにも昇ります。

クレジットカードのみ対応しているとその3割の注文者の注文を無視している状況なので、事前に現金払いをONにするのもいいでしょう。

儲かる時間帯

  • 昼食時:平日の午前11時~午後2時
  • 夕食時:毎日午後5時30分~午後8時

ピークタイムである昼食時と夕食時を狙うといいでしょう。

この時間帯に稼働できない方は、ツイッターで情報収集することをおすすめします。ただ闇雲稼働するのではなく、頭を使って「儲かるエリア」と「儲かる時間帯」を見極めるといいですよ。

 

-Uber Eats配達パートナー