Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業で月収3万円達成!副業におすすめする5つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業で月収3万円達成

私は空き時間を使ってUber EatsをしているWebライター。

副業で月1万円〜5万円稼げればいいかな?と思って始めたウーバーイーツで、月収5万円なら誰でも達成できることがわかりました。

そこでこの記事では、

  • 副業で月収5万円稼げる根拠
  • 会社員の副業にウーバーイーツを勧める理由

の2点に関して私の実体験を踏まえてお伝えしていきます。

ぽんたまん
もう5万円だけでも稼げたら生活が楽になる!と思っている方必見の内容となっています。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)なら副業でも月収5万円は誰でも可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)なら副業でも月収5万円は誰でも可能

結論からお伝えすると、配達回数50回で2万5,000円の報酬を得ることができました!

時給換算すると1,054円を超える結果となり、慣れれば自転車でも時給1,500円〜2,000円は超える手応えを感じています。

ぽんたまん
▼まずは、稼働状況の詳細をご覧ください。
  • 配達回数 50回
  • 配達日数 4日間
  • 時給換算 1,054円
  • 報酬総額 25,904円
  • 配達時間 24時間34分
  • 配達エリア 東京(六本木、八王子、新宿、秋葉原)

詳細はこちら

日数 配達エリア 配達回数 配達時間 ①配達報酬 ②インセンティブ 時給換算
1回目 秋葉原 19回 8時間31分 8,921円 1,050円 1,170円
2回目 八王子 9回 4時間51分 3,918円 不明 807円
3回目 六本木 11回 4時間29分 4,968円 257円 1,165円
4回目 新宿 11回 6時間43分 5,890円 900円 1,008円
合計   50回 24時間34分 2,3697円 2,207円 1,054円
ぽんたまん
配達した時の様子をご覧になりたい方は、下記の配達エリアをタップしてください。

ぽんたまん
YouTubeで配達した時の様子を動画にしています。

1回目〜2回目はコツが分からなかった

秋葉原と八王子で稼働した時は、配達員が初めての経験で効率良く配達する方法がわかりませんでした。

土地勘がないこともあり、商品を店舗でピックアップしてから、注文者に届けるまでの道のりを何度もGoogleマップで確認しながら配達していました。

3回目からコツを掴めて時給1,000円以上達成

慣れてきた3回目と4回目は効率的に動くことができ、時給1,000円は誰でも可能だと確信しました。

ぽんたまん
▼下記に私なりのコツを5つ掲載しておきます。

時給1,000円を超えるためのコツ

  • 常に通知オン
  • 現金対応をオンにする
  • 悪天候・真夏・真冬に稼働する
  • 稼働する曜日を土・日・祝日にする
  • 稼働する時間帯をピークタイムにする
  • ブーストインセンティブのあるエリアで稼働する

※「ピークタイム」とは、ランチ(11:00〜14:00)とディナー(18:00~21:00)の時間帯

関連記事Uber Eats(ウーバーイーツ)のシミはピークタイム料金のこと

会社員が副業でUber Eatsしたらどれくらい稼げる?

毎週土日の6時間をUber Eatsに使うと仮定した場合、時給1,100円なら5万2,800円は稼げる計算になります。

上述したように、月収5万円は不可能な金額ではないですし、本当に誰でも稼げる金額です。

本業の収入にプラスして5万円も給料が増えたら生活がかなり楽になりますよね。ウーバーイーツなら上司はいませんし、自分の好きな時間に働き、休憩することができます。

仕事内容も本当に簡単なので、全ての会社員に副業としておすすめしています。

ウーバーイーツをサラリーマン(会社員)の副業におすすめする5つの理由

1.運動不足の解消

サラリーマンって運動するタイミングがないですよね。

「ジムに行きないなぁ。でもお金そんなにないなぁ。」と思っているなら、Uber Eatsが最適です。

正直、Uber Eatsは身体をめっちゃ使います。自転車を何時間も漕ぐのでジムのバイクで鍛えているのと同じ。

ぽんたまん
運動不足を解消しながら小銭を稼げるので、運動不足のサラリーマンにこそありがたい副業と言えるでしょう。

2.スケジュールが立てやすい

会社員は、平日5日の8時間労働とある程度決まっていますよね。

そのため、

  • いつUber Eatsをやるか
  • どのくらいUber Eatsをするか

を1週間の予定で組みやすいのがメリット。

ぽんたまん
予定をしっかりと組めば月1〜3万円はサクッと稼げるのでおすすめです。

3.普段行くことのない場所を楽しめる

普段仕事をしていると行動範囲が限りなく決まってきますよね?

「家と仕事場の往復ばっかりで飽きた」なんて言葉を友人の口から聞いたこともあります。そんな人にとってもUber Eatsはおすすめ。

知らない場所を自転車でサイクリングしながら小銭を稼ぐことができるのです。

  • 「これが東大か!」
  • 「六本木にも住宅があるんだ!」

そんな新しい発見もありますよ。

ぽんたまん
気分転換にもなるので、普段の生活にちょっとした刺激にもなるでしょう。

4.深いことを考えずに稼ぐことが可能

普段の仕事は「次にこれをやって、明日の朝にはあれをやって。」と考えることがたくさんあります。

そんな中、Uber Eatsで考えることは丁寧に商品を届けることだけ。

次のことをあれやこれやと考える必要がありません。普段仕事で疲れている人も、少ないストレスで始めることが可能です。

5.サラリーマン特有の上下関係なし!(気楽)

会社員のストレスの最も大きな要因として「人間関係」をあげる人は多いでしょう。

  • 同僚との競争
  • 上司からの圧力
  • 未熟で手のかかる部下

このようなストレスが一切なく働けるのがUber Eatsの魅力です。

ぽんたまん
働いているときはお店と依頼者しか顔をあわせることがありませんよ。

サラリーマンが副業する際の注意点

サラリーマンがUber Eatsを始めるにあたって、一番面倒なことがあります。それが「確定申告」です。

実は、サラリーマンでUber Eatsを行う場合、確定申告を行う必要が出てきます。

フリーランスであるわたしは確定申告についてある程度分かってはいますが、雇われで働いてきた人にとっては馴染みがありませんよね。

そのような「確定申告が不安だ。」という人に向けて、以下のような動画と記事を用意してあります。Uber Eatsと確定申告関係性が気になる人は一度見ることをおすすめしますよ。

関連記事Uber Eatsの確定申告と経費まとめ

 

-Uber Eats配達パートナー