Uber Eats配達パートナー

副業「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」× 専業「WEBライター」の収入【サラリーマンにもぴったり】

わたしは、フリーランスのWebライターを専業としていて、空き時間を使ってUber Eatsをしています。

フリーランスの実情は、仕事の量が毎月変わるということ。忙しい月もあれば生活がギリギリの月もあります。そこでUber Eatsは非常に助かる副業になっています。

  • 好きな時間に働ける
  • シフトのない自由な働き方

Uber Eatsのメリットと言えば、こんな感じでしょう。この記事では、フリーランスで働くわたしとUber Eatsについて紹介します。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

副業「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」× 専業「WEBライター」の実態

副業

わたしは現在フリーランスとして月に20万円〜30万円くらいをWebライターで稼いでいます。毎月収入に大きな差があり、会社員のように安定した収入が得られないことが多いです。そして、忙しい月と暇な月が出ることも。

そこで重宝しているのがUber Eatsです。

「今月収入がヤバイ!」と思ったときにスマホで簡単に働けるので、自由度が高くシフトなどを気にする心配もありません。個人的にはフリーランスでまだ収入が安定していない人には、Uber Eatsの働き方はとても助けになります。

わたしは今まで数回ほどですが、月の収入をUber Eatsで補うことができました。暇な日の半日を使ってサクッと数千円稼げるので相性が良い副業です。

サラリーマンならUber Eatsでどのくらい稼げるの?

フリーランスの場合、土日はあまり関係なく仕事をしています。そのため、時間があるときにUber Eatsをやることが多いです。

しかしサラリーマンは仕事の時間が決まっているので、スケジュールが立てやすく効率よくUber Eatsで副業できます。

残業のない平日の夜に2時間くらいUber Eatsを行い2000円くらい稼ぎ、土日のどちらかを8時間Uber Eatsに使えば10000円くらいは稼ぎます。平日に1日2時間と土日に8時間で、週に12000円くらいは稼げるのではないでしょうか?

月に48000円の副収入です。これは大きいですね。もちろん無理せずにやることも大切ですが、運動不足の解消だと思ってやれば毎日続けられそうですね。

Uber Eatsをサラリーマンにもおすすめする理由

 

1. スケジュールが立てやすい

サラリーマンの最強ポイントは、仕事をする時間が平日5日の8時間とある程度決まっている部分です。そのため、

  • いつUber Eatsをやるか
  • どのくらいUber Eatsをするか

を1週間の予定で組みやすいのがメリット。予定をしっかりと組めば5万円くらいはサクッと稼げるのでおすすめです。

2. 深いことを考えずに稼ぐことが可能

普段の仕事は「次にこれをやって、明日の朝にはあれをやって。」と考えることがたくさんありますよね?

営業なら人と接するときのストレスもあるでしょう。

そんな中、Uber Eatsで考えることは丁寧に商品を届けることだけ。次のことをあれやこれやと考える必要がありません。普段仕事で疲れている人も、少ないストレスで始めることが可能です。

3. 運動不足の解消

サラリーマンは運動するタイミングがないですよね。「ジムに行きないなぁ。でもお金そんなにないなぁ。」と思っているなら、Uber Eatsが最適です。

正直、Uber Eatsは身体をめっちゃ使います。自転車を何時間も漕ぐのでジムのバイクで鍛えているのと同じです。運動不足解消しながら小銭を稼げるので、運動不足のサラリーマンにこそありがたい副業と言えるでしょう。

4. サラリーマン特有の上下関係なし!(気楽)

サラリーマンのストレスとして「人間関係」をあげる人は多いでしょう。

  • 同僚との競争
  • 上司からの圧力
  • 未熟で手のかかる部下

このようなストレスが一切なく働けるのがUber Eatsの魅力です。働いているときはお店と依頼者しか顔をあわせることがありませんよ。

5.  普段行くことのない場所を楽しめる

普段仕事をしていると行動範囲が限りなく決まってきますよね?

「家と仕事場の往復ばっかりで飽きた」なんて言葉を友人の口から聞いたこともあります。そんな人にとってもUber Eatsはおすすめ。

知らない場所を自転車でサイクリングしながら小銭を稼ぐことができるのです。

  • 「これが東大か!」
  • 「六本木にも住宅があるんだ!」

そんな新しい発見もありますよ。気分転換にもなるので、普段の生活にちょっとした刺激にもなるでしょう。

サラリーマンが副業する際の注意点

サラリーマンがUber Eatsを始めるにあたって、一番面倒なことがあります。それが「確定申告」です。

実は、サラリーマンでUber Eatsを行う場合、確定申告を行う必要が出てきます。

フリーランスであるわたしは確定申告についてある程度分かってはいますが、雇われで働いてきた人にとっては馴染みがありませんよね。

そのような「確定申告が不安だ。」という人に向けて、以下のような動画と記事を用意してあります。Uber Eatsと確定申告関係性が気になる人は一度見ることをおすすめしますよ。

関連記事Uber Eatsの確定申告と経費まとめ

 

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.