Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが月10万円稼ぐには?9つのコツを解説

Uber Eatsで稼ぐためのコツを知りたい人は多いですよね。わたしも最初はあまり稼げませんでしたが、やっているうちに徐々に稼げるようになってきました。

この記事では、Uber Eats配達パートナーのわたしが経験からUber Eatsで稼ぐためのコツを紹介します。

注意ポイント

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats配達パートナーが月10万円稼ぐには?9つのコツを解説

1.稼げる曜日を選ぶ

曜日
稼げる曜日を選ぶ

稼げる曜日を選ぶことがUber Eatsで稼ぐための簡単なコツです。会社が多いビジネス街では平日の注文が多くなります。逆に住宅街が広がっている場所では、金土日の方が依頼が多いです。

全体を通して依頼が多いのが土日に絞られます。そのため、週に1回や2回くらいの副業をしたい人は週末を狙っていきましょう。

2.稼げる時間帯を選ぶ

時間帯
稼げる時間帯を選ぶ

稼げる時間帯は、平日ならランチタイム(11:00〜14:00)くらいの間です。また平日なら夜の時間帯も稼ぎやすいと言えます。

ただ、金曜の夜は依頼が少なめのイメージなので、稼ぎたいなら避けた方が良いかもしれません。土日は全体を通して安定的に依頼がありますよ。

3.現金払いが鉄則

現金払い
現金払いが鉄則

Uber Eatsでは現金払いでの対応が可能になりました。配達パートナーからすると現金払いに対応する必要があり、小銭の用意などがあるため大変ではあります。

しかし、現金払いで対応してみると、現金払いの注文者が半分くらいいることに気が付きます。現金払いで対応するだけで、依頼の件数が増えるのは間違いありません。

4.遠い依頼は受けない

遠い距離
遠い依頼は受けない

Uber Eatsで稼ぎたいなら、遠い飲食店の依頼は受けないようにしましょう。Uber Eatsを始めたばかりの人がやりがちなことが、どんな依頼でも受けてしまうことです。

実は、依頼があった場所から飲食店までの距離は、報酬が発生しません。つまりタダで飲食店までの距離を走っていることになります。

そのため、近い飲食店の依頼を受けることが稼ぐためのコツです。

5.配達エリアを熟知する

配達エリア
配達エリアを熟知する

今配達しているエリアのことをしっかりと熟知することが稼ぐコツです。例えば自転車では渡れない大通りや急な坂などを知っているだけでも無駄な時間を削ることができます。

他にもエリアの中でも飲食店が集まる場所を知っていることも重要です。わたしが少し前に経験したのは、新宿の中でも大久保周辺の飲食店からの依頼がとても多かったことです。

理由としては韓国料理や多国籍料理、タピオカなどのトレンド料理が多かったことが理由でしょう。わたしは配達の後半、ずっと新大久保をグルグルと回っていましたよ。

6.注文数が多いエリアを選ぶ

注文数
注文数が多いエリアを選ぶ

注文数が多いエリアを選ぶことで稼ぎやすくなります。東京なら以下のような地域は依頼が多めです。

  • 新宿
  • 渋谷
  • 六本木

人も飲食店も多く、近くに住宅があるようなエリアが稼ぎやすいエリアです。

7.飲食店が多いところで待機

飲食店
飲食店が多いところで待機

待機するなら飲食店が多いところで待ちましょう。Uber Eatsでは配達パートナーに依頼を飛ばすのは、飲食店から近くにいる配達パートナーです。そのため、飲食店がひしめき合う場所で待機していた方が依頼が入りやすいです。

注文者のところに届けたら、その場所でふらふらしていないで飲食店まで戻りましょう。

8.クエストやブーストを攻略する

クエスト
クエストやブーストを攻略

クエストやブーストを攻略することで、より稼げるようになります。クエストとは「4回配達すると480円売上に追加」のようなものです。

4回配達すれば480円がもらえるのに、3回しか配達しないのはもったいないですよね。

また配達エリアによって「1.1倍」や「1.3倍」などの表示が現れます。これをブーストといい、報酬金額が表示の通り増えることを示しています。

クエストやブーストを攻略することで報酬を多く得ることができますよ。

9.暇な時間を減らす(常時オンライン)

オンライン
常時オンライン

アルバイトと大きく違うところは、忙しく働いた方が報酬を多くもらうことができるということです。つまり暇な時間ほど無駄な時間はありません。

そのため、常時オンラインの状態にして昼飯を食べている時でも依頼が入ってくるようにしましょう。わたしはいつもオンライン状態でいることが多いです。うんこのときはオフラインですが。

まとめ

Uber Eatsで稼ぐためのコツを9つ紹介しましたが、その中でも簡単にできるのは、時間帯やエリアを選ぶことや現金払いに対応することです。いきなりエリアを熟知することは難しいですし、慣れてきても遠い依頼を受けてしまうことも多いです。

元も子もありませんが、何よりも慣れることが最重要かもしれません。まだ数回しか配達していない人は、まずは回数を重ねるようにしましょう。その中で慣れていき、時給1500円を超えるそうですよ。

注意ポイント

当記事に記載してある情報は、2019年11月27日新宿付近でUber Eatsを行った際の「体験談」を元に記載しております。

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.