Uber Eats配達パートナー

ウーバーウォーカー(徒歩配達)とは?エリア・始め方・バッグの有無など徹底解説

ウーバーウォーカー(徒歩配達)とは?エリア・始め方・バッグ

歩きながらUber Eatsができるウーバーウォーカーが全国に広まっています。

徒歩で配達するので散歩好きにはたまらないですし、自転車がない人でも配達ができます。

この記事では、

などを紹介していきます。

ぽんたまん
散歩ついでに稼げますし、やり方も簡単なので気になる人は読み進めてみてください。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

ウーバーウォーカー(徒歩配達)とは?

ウーバーウォーカーは、Uber Eatsを自転車やバイクを使わずに徒歩で行えるサービスです。

ニューヨークなどでは、日本より先に取り入れられました。日本では、最初東京23区内だけの稼働でしたが徐々に増えていき、現在では全国21の都市で稼働されています。

歩くことが好きな人には嬉しいサービスですし、自転車を持っていなくても配達できるのがありがたいですよね。

配達距離は1.5km以内

配達距離は1.5km以内

ウーバーウォーカーは、自転車と違い配達距離が1.5km以内と決められています。

この1.5kmは、ピックアップとドロップを合わせての合計距離です。

歩きなので1件あたり30分程度で配達が終わるイメージです。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)のエリア・範囲は東京など全国21都市

ウーバーウォーカー(徒歩配達)のエリア・範囲は東京など全国21都市

  • 東京都(23区全域)
  • 仙台市(宮城県)
  • 宇都宮市(栃木県)
  • 横浜市(神奈川県)
  • 静岡市(静岡県)
  • 名古屋市(愛知県)
  • 四日市市(三重県)
  • 京都市(京都府)
  • 大阪市(大阪府)
  • 神戸市(兵庫県)
  • 奈良市(奈良県)
  • 岡山市(岡山県)
  • 広島市(広島県)
  • 高松市(香川県)
  • 松山市(愛媛県)
  • 高知市(高知県)
  • 北九州市(福岡県)
  • 福岡市(福岡県)
  • 佐世保市(長崎県)
  • 熊本市(熊本県)
  • 宮崎市(宮崎県)
  • 鹿児島市(鹿児島県)

ウーバーウォーカーのエリアは徐々に拡大していき、現在では全国21の都市で稼働できます。

バッグは保温バッグがあれば良いので、旅先や出張先で稼ぐことも可能です。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方・設定方法

簡単な流れ

  • 左上の「3本線」をタップ
  • 「アカウント」をタップ
  • 「車両」をタップ
  • 「Uberウォーカー」をタップ
  • 車両が「Uberウォーカー」になっているか確認

step
1
左上の「3本線」をタップ!

▼左上の「3本線」をタップ

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方

step
2
「アカウント」をタップ!

「アカウント」をタップ

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方   

step
3
「車両」をタップ!

「車両」をタップ

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方

step
4
「Uberウォーカー」をタップ!

「Uberウォーカー」をタップし、左上の「車両」をもう一度タップします。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方

step
5
車両が「Uberウォーカー」になっているか確認!

▼車両が「Uberウォーカー」になっているか確認

ウーバーウォーカー(徒歩配達)の始め方

これで設定は完了となります!

【実体験】ウーバーウォーカー(徒歩配達)は稼げるの?鳴らない?

執筆中 後で執筆

ウーバーウォーカー(徒歩配達)はバッグなしでもあり?

ウーバーウォーカー(徒歩配達)はバッグなしでもあり?

ウーバーウォーカーは、ウーバー公式のバッグを使わなくても配達ができます。

ただ保温バッグは必ず持っていなければいけません。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,980 (2022/10/03 15:02:29時点 Amazon調べ-詳細)

ウーバーのバッグは大きいため、少し小さめの保温バッグを使ってみるのもおすすめです。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)は自転車に乗るとどうなる?

ウーバーウォーカー(徒歩配達)は自転車に乗るとどうなる?

ウーバーウォーカーの設定で自転車に乗ると、不正アカウントとして罰せられる可能性があります。

当たり前ですが、自転車と徒歩では速さに違いがありすぎます。GPSで確認すれば徒歩か自転車かは素人でも簡単にわかってしまいます。

また、キックボードやスケボーなどでの配達もNG。そもそも、商品を背負いながらスケボーとかは不可能ですよね。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)のメリット

1.自転車では通れない場所を通れる

自転車では通れない場所を通れる

徒歩では、歩道橋など自転車が通れないところを通れるので、東京都心のように密集している地域だとかなり動きやすいです。

自転車では、大通りを渡りたくでもなかなか渡れないことがよくありますが、そのような状況にも対応しやすいのが徒歩のメリットになります。

また、自転車では通りにくい狭い道や商業施設なども通れるので効率よく目的地へ向かえます。

2.1件の配達が1kmくらいと短い

1件の配達が1kmくらいと短い

ウーバーウォーカーは1.5km以内の配達を行いますが、実際は1件の配達が1km程度であることが多いです。

1件1kmくらいでしたら、そこまで大変ではなさそうですよね。

自転車やバイクとは全く違う距離になります。1件1kmでしたら、運動のついでに配達ができてしまいます。

3.散歩好きには最高のサービス

散歩好きには最高のサービス

散歩好きやウォーキング好きには、ウーバーウォーカーが素晴らしいサービスとなるでしょう。

趣味で歩きながら小銭を稼げてしまうので、意味のある散歩に早変わりです。

また、自転車が苦手だったり持っていなかったりする人にも、最適なサービスになるでしょう。

ウーバーウォーカー(徒歩配達)のデメリット

1.かなり疲れる

かなり疲れる

ウーバーウォーカーですが、想像以上に疲れます。

もちろん、普段からよく歩く人は長時間の配達も可能でしょう。

しかし、普段からあまり歩かない人は2時間くらいで疲れを感じてくるはずです。ウォーキング用の靴を揃えたり荷物を軽くしたりと、疲れにくい対策が必須になってきます。

2.徒歩だとバッグが揺れやすい

徒歩だとバッグが揺れやすい

徒歩だと背負ってるバッグが、1歩1歩左右に大きく揺れてしまいます。

そのため、商品を運んでいる時はかなり商品に気を使いますし、走るなんて不可能です。

姿勢を真っ直ぐにして歩くことを覚えなければなりませんし、なるべく揺らさないように歩くコツを掴む必要があります。これがなかなか大変で、疲れる大きな要因になってしまいます。

3.1件の配達で30分以上かかり稼げない

1件の配達で30分以上かかり稼げない

1件1km程度の配達ですが、1件届けるのに30分以上はかかってしまうのが現状です。

つまり、1時間で2件が限界になります。

1件500円だとしても、1時間で1000円しか稼げません。

そのため、ウーバーウォーカーで稼ぐのは難しいと言えるでしょう。もし、稼ぎたいのであれば自転車やバイクを使うのが効率的です。

-Uber Eats配達パートナー