Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受けキャンのやり方|干される?ペナルティあり?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受けキャンのやり方

Uber Eats配達員にとって非常にありがたい「受けキャン」の仕組み。

商品を受け取る前だったら、配達員側が自由に配達のキャンセルをできる制度になります。

嫌な店員や規則が面倒な飲食店、配達の距離が遠いなどによりキャンセルしたいときがあります。このような時に気軽にキャンセルできる配達員には素晴らしいシステムです。

ただし、受けキャンをやりすぎるとアカウント停止になる危険性もあります。

この記事では、

  • 受けキャンのやり方
  • 受けキャンの注意点

などについて紹介していきます。

ぽんたまん
配達リクエストを承諾する前に、よく吟味してから承諾することをおすすめします。

\稼げるフードデリバリー配達員はコチラ/

デリバリー名 報酬単価 掛け持ち 登録までの期間 働きやすさ キャンペーン

\Uber Eats/
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
公式登録はコチラ


約450円/件
maru
いつでも可能

1〜2週間
maru
服装は自由度高め

現在はなし

\出前館/
報酬30%UP中
出前館配達員
公式登録はコチラ

maru
約700円/件
maru
いつでも可能
maru
1週間


帽子着用必須

maru
新人配達員報酬30%アップ中
登録キャンペーン」の詳細
ぽんたまん
業務委託配達員でとにかく稼ぎたい方は、「出前館」を選びましょう。
ぽんたまん
出前館ならどんな初心者でも時給1,000円以上経験者であれば時給3,000円は超える可能性が十分あります!

\稼ぐなら出前館一択/

配達員に登録する【公式】

※業界トップクラスの報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受けキャンとは?

そもそも「受けキャン」とは、商品を受け取る前に配達員が依頼のキャンセルをできる制度です。

ただ、受けキャンできるのは商品を受け取る前だけになります。商品を受け取ったあとのキャンセルは、基本的にできません。

ぽんたまん
受けキャンをする理由と条件について詳しく見ていきましょう。

受けキャンをする理由

  • ピックアップ地点がわからない
  • 遠く離れすぎている
  • 待ち時間が長すぎる
  • 商品が大きすぎる
  • その他

そもそも受けキャンしたくなる理由として、上記のようなものが挙げられます。

私はピックアップの地点があいまいだったりすると、キャンセルしたくなります。

他にも飲食店のルールが面倒だと、受けキャンすることも少なくありません。

「カッパは脱いでください」「配達員は裏口からお願いします」などなど、飲食店によって様々なルールがあります。また、書き方によっては配達員を下に見ているような飲食店があることも事実です。

受けキャンには2種類ある

  • 商品をピックアップする前
  • 商品をピックアップした後

受けキャンには、ピックアップする前と後の2種類があります。

基本的には、受けキャンができるのはピックアップする前だけです。

商品を受け取っていない状態でのキャンセルでしたら、画面の左下からキャンセルできます。

しかし、商品をピックアップした後のキャンセルは、問題がない限りできません。交通事故や商品の落下などで配達できない場合だけ、ピックアップ後のキャンセルができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受けキャンのやり方

受けキャンのやり方

  • 画面上の「〇〇へ配達に向かっています」をタップする
  • 画面左下に表示されている危険マークを押す
  • 配達のキャンセル理由が一覧で表示されるので、該当する内容を選択する
  • 最後に「はい、キャンセルします」のボタンを押す
  • 配達依頼のキャンセル(受けキャン)が完了する

step
1
画面上の「〇〇へ配達に向かっています」をタップする!

執筆中

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受けキャンで干される回数は?ペナルティあり?

<キャンセル率5%以下>

配車リクエスト承諾後のキャンセルは、乗客の満足度を低下させるだけでなく、その配車リクエストを受け付ける機会を逸した他のドライバーにも悪影響を及ぼします。

*アカウント停止措置対象となる事由 :各都市にはキャンセル率の上限が設定されています。 キャンセル率が上限を上回ると、 Uber アカウントを停止する場合があります。

引用:Uberコミュニティガイドライン

受けキャンで注意するべき点は、受けキャンをやりすぎるとアカウントを停止させられることです。

受けキャンのやりすぎてキャンセル率が高くなると、警告メールが届きます。基本的に5回程度、受けキャンをするとアカウントが一時的に停止させられます。

私も受けキャンは基本的にしたくありません。そのため、配達リクエストが届いた時点で、承諾するかどうかをよく確認しましょう。

商品をピックアップする前の受けキャン

配車リクエストを承諾した後、商品をピックアップするまでの間に依頼をキャンセルした場合、

  • 配達時間が伸びること
  • 他の配達員の配達機会を奪う行為であること

などを理由に、望ましい行為とされていません。

受けキャンは基本的に、注文者や飲食店に対して迷惑をかけてしまう行為でもあります。

そのため、受けキャンを繰り返しているとアカウントの停止処分などを受ける可能性が出てくるのです。商品をピックアップする前でも、キャンセルは極力しないことをおすすめします。

商品をピックアップした後の受けキャン

商品をピックアップした後の受けキャンに関しては、問題が発生しない限りやってはいけません。

  • 交通事故に遭ってしまった
  • タイヤがパンクして届けられない
  • 商品を落としてメチャクチャにした

これらがピックアップ後に起こる問題であり、受けキャンせざる終えません。

逆に言えば、配達員の個人的な感情による受けキャンはしてはいけません。

ピックアップ後の受けキャンは商品の廃棄になってしまうので、飲食店にも注文者にも迷惑をかけてしまいます。

注文者と連絡が取れない場合は10分タイマーを起動する

Uber Eatsでは、受けキャンにならない場合が2つあります。

  • 注文者のキャンセル
  • 注文者と連絡が取れずに届けられない

注文者がキャンセルしたら、商品をピックアップした後でも受けキャンにはなりません。

一番困るのが、注文者の住所近くまで来ているのに、届け場所がわからない場合です。このような場合は「10分タイマー」を起動させましょう。

「10分タイマー」は、10分以内に注文者と連絡が取れない場合、強制的にキャンセルになる仕組みです。

ぽんたまん
連絡が取れずに商品を届けられない場合に起動させてください。

関連記事Uber Eats(ウーバーイーツ)で廃棄が出た場合の10分タイマーのやり方と手順

-Uber Eats配達パートナー