Uber Eats配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評判口コミ|配達パートナーのメリット・デメリット

Uber Eatsは好きな時に働けて稼げるということで、最近ではUber Eatsの配達パートナーが増えてきました。

この記事では、Uber Eatsの口コミを確認していき、Uber Eatsの良いところや悪いところを見ていきましょう。また配達パートナーのメリットやデメリットも紹介します。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

前提:Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイトではなく、個人事業主

前提として、Uber Eats(ウーバーイーツ)はアルバイトではなく、個人事業主の仕事になります。

ですので、Uberの従業員ではないことを予めご理解ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評判・口コミ・評価のまとめ

評判口コミ

いい口コミとしては、

いい口コミ

  • すぐに始められる
  • 好きな時に働ける
  • ゲーム感覚で働ける
  • 時給1500円は超えるとのこと

一方、悪い口コミとしては、

悪い口コミ

  • 速度出し過ぎ
  • 商品がぐちゃぐちゃ
  • お釣りが小銭ばかり
  • 労災が出ないとかクソ

口コミを見ていると注文者の中には、「最高!」と言っている人がいる反面、「もう二度と使わない!」と言っている人もいます。良い口コミは「家にいながらタピオカが飲める!」などの便利さなどのコメントが多いですが、悪い口コミは配達パートナーの対応によるものが多いです。

好きな時間に働けて稼ぎたい人、ゲーム感覚で自由に仕事がしたい人にはUber Eats配達パートナーをおすすめします。しかし「商品がぐちゃぐちゃでも稼げるから良いか。」と思うような人は、Uber Eats配達パートナーをやらないほうが良いでしょう。

楽しみながら自由に働きたい人で、注文者のことをしっかりと考えられる人には最高の職です。

注意ポイント

当記事に記載してある情報は、2019年11月27日新宿付近でUber Eatsを行った際の「体験談」を元に記載しております。

いい口コミ・評判

 

 

悪い口コミ・評判

 

 

Uber Eats配達パートナーの4つのメリット

  1. 人間関係に悩まなくて済む
  2. 真剣にやると目安時給2000円
  3. ゲーム感覚で働ける(クエストやブースト)
  4. 好きな時間・好きな場所・好きな服装で働ける

メリット1. 人間関係に悩まなくて済む

人間関係
人間関係に悩まなくて済む

Uber Eatsは完全にひとりで働く仕事になります。そのため人間関係には悩みません。

社会人になると人間関係に悩まされることが非常に多くなりますが、Uber Eatsなら悩むことが無くなるので、人間関係に疲れた人にはおすすめです。

ただ最初は心細かったり、わからないことがあってもすぐ聞けないので、困ることもあります。しかし上司や部下の関係に疲れた人はUber Eats配達パートナーをやってみると良いでしょう。人間関係のストレスは完全フリーです。

メリット2. 真剣にやると目安時給2000円

時給
真剣にやると時給2000円超える

真剣にやれば時給2000円は稼げるようです!

もちろん最初から2000円は無理ですが、慣れてきてある程度コツをつかめれば、到達できる金額です。上の口コミでも2000円を超えている人がいました。これがUber Eatsの魅力でもあります。

注意ポイント

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

当記事に記載してある情報は、2019年11月27日新宿付近でUber Eatsを行った際の「体験談」を元に記載しております。

メリット3. ゲーム感覚で働ける(クエストやブースト)

ゲーム感覚
ゲーム感覚で働ける

Uber Eatsにはクエストやブーストなどのゲーム感覚で働ける要素が入っています。これがUber Eatsを楽しくしています。

クエストとは、「あと〇〇件配達したら+〇〇円」などの追加報酬のことです。またブーストとは、特定のエリアで配達すると、報酬が1.2倍などになることを言います。

このふたつの仕組みがUber Eatsを面白くしていますし、稼ぐ意欲が湧いてくる理由です。

メリット4. 好きな時間・好きな場所・好きな服装で働ける

自由
好きな時間・好きな場所・好きな服装で働ける

「とにかく自由に働きたい!」という人に、Uber Eatsがおすすめの理由が、

  • 好きな時間
  • 好きな場所
  • 好きな服装

で働けるということです。

サラリーマンですと、9時〜18時という決まった時間と場所、服装で出社しなければなりません。しかしUber Eatsの場合ですと、9時〜24時の間の好きな時間に好きな場所で、好きな服装で働くことが可能です。

ーお得なクーポン情報ー

初回注文1000円OFFクーポン

プロモコード【interjpq2206jc77】

※有効期限 2020円6月30日

uber eatsuber eats

uber eatsuber eats

Uber Eats配達パートナーの4つのデメリット

  1. 収入が安定しない
  2. 初期費用がかかる
  3. 稼ぐなら体力と頭脳が必要
  4. 天候によっては大変できつい

デメリット1. 収入が安定しない

収入が安定しない
収入が安定しない

Uber Eats最大のデメリットが、収入が安定しないことです。なぜならUber Eats配達パートナーは雇われているわけではなく、個人事業主だからです。サラリーマンのように月給制度ではありませんし、有給休暇や特別休暇はありません。

働いた瞬間だけ収入が発生します。そして依頼が少ない場合は、収入も少なくなります。とにかく不安定であることが最大のデメリットですが、逆に考えれば頑張っただけ稼げるとも言えますので、考え方次第でしょう。

デメリット2. 初期費用がかかる

初期費用
初期費用がかかる

個人事業主なので仕方がありませんが、初期費用がかかります。例えば自転車やバイクなどの購入費やレンタル費などです。

さらにスマホの充電がなくなるのが早いので、充電器やスマホを自転車に固定するホルダーなどは必要になります。このように初期費用がかかってしまうのもUberのデメリットになるでしょう。

デメリット3. 稼ぐなら体力と頭脳が必要

頭脳
体力と頭脳が必要

これはどんな仕事も同じなので、デメリットというほどデメリットではありませんが、「簡単に稼げるわけではないぞ。」という事です。

ただ経験していけば稼ぐコツはわかるので、収入も伸びていくと考えてください。とにかく体を動かして頭を使ってどうすれば稼げるようになるのか考えるのがポイントです。

デメリット4. 天候によっては大変できつい

天候
天候によってはきつい

Uber Eats配達パートナーの仕事は天候によって左右されることが非常に多いです。特にザーザーぶりの雨の日は、配達することも大変ですよね。

ただ働かないとお金は入ってきません。また雨の日にはクエストが発生しやすく、お金も稼ぐ事が可能なのです。ただ雨で滑って転んで、怪我でもしたら元も子もありません。

さらに個人事業主なので労災も出ないのも理解しておく必要があります。雨嵐によって左右される事は、始める前に頭に入れておきましょう。

-Uber Eats配達パートナー

Copyright© うばろぐ , 2020 All Rights Reserved.